ビジネス思考のカテゴリ記事一覧

戦前戦後の日本のエネルギーを支えた石炭の産地・福岡県飯塚市。日々、人口が減り、高齢化が進んでいるこの街で、地域に新しい産業と雇用を作るために、コールセンター会社を起業した社長のブログです。福岡県飯塚市にて、コールセンター事業・通信販売支援事業を行っています。

カテゴリ:ビジネス思考

頭の中の前提条件を素直に変えられないと仕事はうまくいかない?

このブログを書き始めてそろそろ3年近くになります。記事数も200を超えました。会社のことから普段の生活、100キロウォークなど、バラバラのことばかり書いておりますが、私の人となりを少しでも皆さんに知ってもらえると嬉しいなと思っております。

最近、採用の面接や人と話している時に感じることがありましたので、今日はそのことについて。それは、

頭の中の前提条件を素直に変えられないと仕事はうまくいかない?



861e9389349082f1ad114f3715f795b4_s.jpg

ということです。良く分からないですよね?これはどういうことかというと、弊社はコールセンター会社です。コールセンター会社です。地域柄、経験者の方の応募は少なく、未経験の方が多いです。未経験の方でもバリバリ仕事をしてくる方ばかりで、とても助けてももらっていますが、残念ながら、早期に退職をする方もやはりいらっしゃいます。”それはなぜか?”と考えてみると、そのような方に一つの共通点がありました。

それが、上述の言葉なのですが、コールセンター会社は未経験の方にとって、かなり未知な職種です。普段、あまり接することがなく、電話だけのコミュニケーションなので最初は不安もあり戸惑いも多々発生します。まして、お客様は電話に出たオペレーターはみんななんでも知っているものと思っていますので、ドギマギした対応はできないというプレッシャーも感じます。

飲食店やコンビニ、スーパーなどのように、普段から働いている人の姿を見ることができる職種の場合、自分が働く場合に何をするのか、なんとなく想像ができると思います。しかし、コールセンターの場合は、想像がしにくく、職場によって環境は大きく異なります。その時に、自分の頭の中で、

  • こういう仕事をするんだろうな

  • こういう職場だろうな

  • こういう人から電話があるんだろうな

  • 研修はこうなんだろうな


と考える時、未経験の方の場合、頭の中での勤務の前提条件が人によってとても個人差が激しく、実際に業務に就くとギャップを感じることになります。もちろん、他の職種でも同じことは発生しますが、コールセンター会社の場合は、普段から見ることがない職種のため、特にそれが激しいのではないかと感じております。そうなると、素直で向上心のある方、柔軟な考えのある方などは環境にうまく適応してくれるのですが、そうでない方の場合、

「想像ていたのと違う」
「こんなに難しいとは思わなかった」※どんな仕事は最初はなんでもそうだと思います


となり、少し頑張ればできるようになることも、チャレンジの前に諦める(つまり、自分の前提条件を変えることができない)傾向があるようです。

また、自分視点で物事を考える方や自分に対して厳しすぎる方は、相手に対して求めるものが強い傾向があるので、自分がして欲しいことや望んでいることが実現できていないと、

・相手が悪い
・自分はこんなに頑張っているのに
・何もしてくれない(実際はそんなことはないのですがそう思い込んでいる)


と考える傾向もあるようです。(つまり自分は正しいという視点)
そうなると、なかなか仕事もうまくいかないんじゃないかなと感じています。

弊社の行動指針にある、素直さと向上心、年を重ね経験があるほど失いがちなので、改めて自身を見つめなおしたいと思います。
カテゴリ
タグ

Facebookで節税する方法

本日は書籍の紹介です。先日、Facebookを見ていたら出てきた書籍。

「Facebookで節税する方法」

IMG_7229.JPG

なんでこの本を買ったかというと、誰の投稿なのか分かりませんでしたが、Facebookでのコメントに、

「とても良い本」
「経営者なら読んでおくべき本」


と、かなりおすすめのコメントが載っていたからです。そこまで言うなら読んでみるか・・・、と勢いで購入しましたが、買って損はありませんでした。

まず読みやすいです。起業家・税理士・元国税調査官の3人による対話形式なので、一方的な会話ではありません。また、起業家の立場で実現したいことを中心に話をしているので、会社経営の方の視点に立っているのも参考になります。

デメリットと言ってよいか分かりませんが、このような書籍にありがちなのですが、表面的な内容で終わっている箇所が多いので、実際に自分の会社に落とし込むには不十分ではあります。

この書籍で知った知識で、自分の会社で活用したいことがあれば、別途、導入に向けて詳しく調べる必要ありますが、スタート地点に立たせてくれるという部分では、十分すぎる内容です。

会社経営をされている方は、読んで損はないと思いますのでお勧めです。


カテゴリ
タグ

先達はあらまほしきことなり

徒然草(52段:仁和寺にある法師)からの言葉。

仁和寺にある法師、年よるまで石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩よりまうでけり。極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。さて、かたへの人にあひて「年ごろ思ひつること、はたし侍りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。すこしの事にも、先達はあらまほしきことなり。

※意訳※
仁和寺の法師が、長年行きたいと思っていた石清水八幡宮のお参りに行った。しかし、実際にお参りをしたのは極楽寺や宝良で、山上の石清水八幡宮ではなかったのに、”石清水八幡宮は尊い場所でした”とお参りの目的を果たしたことを自慢げに仲間の法師に話してしていた。(実際に石清水八幡宮に行っていない)ちょっとしたことでも、先達(案内人)がいてほしいものです。

「先達はあらまほしきことなり」

創業後、この言葉の重要性をとても認識するようになりました。初めての創業で知識も経験もなく、時間もあまりないので、専門家や創業経験者にいろいろ教えをもらわないとなかなか物事が進みません。もちろん、時間もお金も余裕がある方なら、自分で調べてできるようになることも重要なプロセスかと思います。しかし、そんな恵まれた環境の方はほとんどいないと思います。

今の時代、先達は書物やインターネットも代替として活用できるかもしれませんが、やはり専門家や経験者が一番適切だと感じています。たとえお金がかかったとしても、その方の知識や経験をお金を払ってでも得ることで、

・独学で考えて誤った方向に進んでしまうリスクを抑える
・最適な考え方を身につけ事業を早く軌道に乗せる
・早い段階で失敗要因を取り除き事業の成功確率を高める

リスクを低減させ、時間を短縮することが可能となります。
最初にお金を払うことに対して、抵抗を持つ方は多いですが、長い目で見ると、適切なタイミング(初期段階が多い)で、先達の知恵と経験を活用することで、時間とお金の両面でメリットが出てくるのは間違いないと思います。

私自身も、多くの会社様から通販に関してご相談をいただくことがありますが、

”もう少し早く相談してくれればここまでならなかったのに・・・”

と思うことが時々あります。

自分自身の事業拡大でも、先達に教えをもらいながら取り組んでいただきたいと思っています。
カテゴリ
タグ
検索ボックス
 
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
タグクラウド
過去ログ
Copyright © 飯塚でコールセンター会社を立ち上げた社長のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます