創業準備のカテゴリ記事一覧

戦前戦後の日本のエネルギーを支えた石炭の産地・福岡県飯塚市。日々、人口が減り、高齢化が進んでいるこの街で、地域に新しい産業と雇用を作るために、コールセンター会社を起業した社長のブログです。福岡県飯塚市にて、コールセンター事業・通信販売支援事業を行っています。

カテゴリ:創業準備

平成26年度 小規模事業者持続化補助金の採択結果

以前のブログでも掲載した、「平成26年度 小規模事業者持続化補助金」の採択結果が出ました。

以前のブログ記事はこちら

第1次受付分 採択者一覧

駄目でした!
しかし、申請書類作成の過程でいろいろと勉強させていただきましたので、申請作業自体はとても有意義でした。

次に活かします!
カテゴリ
タグ

無料!?給与振込手数料がなんと・・・

当社は社員への給与支払いは、福岡銀行の法人口座から各社員の口座へ振り込みを行っています。

当然、振込の際には手数料がかかるのですが、この手数料は馬鹿にできません。
”ずっと続く負担なので早めになんとかしたいなー”と思っていましたが、他行からも給与振込を行うことで少しでも手数料を削減できないかなと考えました。
※なお、福岡銀行の法人口座から福岡銀行の個人口座への給与振込手数料は無料です。他行宛が有料となります。

そこで調べてみたところ、飯塚信用金庫は他行宛でも給与振込手数料が無料であることが判明。

というわけで、早速、飯塚信用金庫に法人口座を作りに行きました。
個人口座と違い法人口座を作るのは若干時間と手間がかかりますが無事終了。
必要なのは銀行印と履歴事項全部証明書と本人確認書類でした。口座を作り、その口座からの給与振込の登録手続きもすぐに終了。

”7月の給与振込から間に合えば良いなー”と思っていたところ、なんと、”5月振り込み分から間に合いますよ”との回答。

※福岡銀行の時は給与振込ができるようになるまでに3カ月ぐらいかかりました。地域密着の信用金庫だからフットワークが軽いのでしょうか。

さて、あとは、預金を福岡銀行から飯塚信用金庫に移動する必要があります。
口座にお金がないと振込ができません。※当たり前ですね

ちなみに、福岡銀行から飯塚信用金庫に預金を移動する際の仕訳もこの時に勉強しました。
1000円を移動する場合は以下のような仕訳になるようです。

(借方)普通預金 飯塚信用金庫 1,000 (貸方)普通預金 福岡銀行 1,000

勉強になります。

まだまだ小さな負担ではありますが、社員が増えてくるとこの手数料は馬鹿にできなくなります。早めに毎月の固定費削減に対処ができました!
カテゴリ
タグ

本社での研修も順調に進んでいます!

本社での業務研修を開始して1週間、本日は最終日です。

写真 (5).JPG

2名の社員も、一生懸命、研修を受けてくれています!スキルもどんどん上がっています!

そして、事務所内にいまさらですが時計も設置しました(笑)

写真 (4).JPG

お客様と常にお話しするコールセンターでは、乾燥しているとのどを痛めます。今までは事務所でお客様対応をすることはなかったので温度と湿度を気にする必要はなかったのですが、2名の社員の研修が開始したことで、常に状況を把握し適切に対処していく必要がでてきましたので設置しました。

パソコンで時間は確認できるので、必要ないかなと最初は思いましたが、すぐに時間を確認するにはやっぱり壁掛け時計が一番適してますね。改めて思いました。
カテゴリ
タグ
検索ボックス
 
<< 2019年11月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
タグクラウド
過去ログ
Copyright © 飯塚でコールセンター会社を立ち上げた社長のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます