月別記事一覧

戦前戦後の日本のエネルギーを支えた石炭の産地・福岡県飯塚市。日々、人口が減り、高齢化が進んでいるこの街で、地域に新しい産業と雇用を作るために、コールセンター会社を起業した社長のブログです。福岡県飯塚市にて、コールセンター事業・通信販売支援事業を行っています。

月別アーカイブ:2015年10月

働く幸せ 〜日本理化学工業〜

日本理化学工業(株)の大山社長の本を読みました。
ダストレスチョーク製造の最大手であり、障害者雇用を積極的に行っている会社です。

IMG_4172.JPG

”なぜ働くことが人間にとって必要なことなのか”

改めて考えさせられる内容でした。

大山社長が積極的に障害者雇用を行うに至った理由や、障害者雇用を通して著者の価値観の変化や人間性を感じることができます。非常に素晴らしい内容です。

働いている人すべてに一度は読んでほしい本でした。
カテゴリ
タグ

第17回行橋別府100キロウォークに参加して来ました

昨年に引き続き、第17回行橋別府100キロウォークに参加して来ました。この大会は、今年で2回目の参加です。

DSC03686.JPGDSC03680.JPG

23時間43分でなんとか完歩。

目標は22時間を切ることだったので大変悔しいのですが、「なんとか完歩できた・・・。」というのが正直な感想です。初参加の時よりも2回目の参加の今回のほうがきつかったです。とにかく、23時ぐらいから強烈な眠気に襲われ眠くて眠くて・・・。途中で歩きながら寝そうになりました。さらにまさかの雨が・・・。(天気予報では降らないはずだったので雨具は持っていかず)”眠気・寒さ・暗闇・孤独・痛み”の中での行脚がしばらく続きました。

過去3回100キロウォーク(第16回行橋別府100キロウォーク・糸島三都・飯塚武雄)には参加していますが眠気に襲われることはありませんでした。そのため、眠気がこれはどきついものとは分かりませんでした。大会前の睡眠不足が原因かもしれませんので、次回は気をつけます。

開会式の別府市長のあいさつで、
「みなさん、別府までの道のり、無理をなさらぬよう歩いてください、と言いたいのですが、無理をしないと完歩できないのが100キロウォークです」
と仰っていましたがまさしくその通りですね。

足が痛くても眠くてもとにかく歩き続ければ必ずゴールにたどり着ける、仕事と一緒で、どんなにきつくても辛くても進み続ければ目標にたどり着ける、ここで負けてはいられないと自分を鼓舞しながら歩いておりました。残り20キロ地点から足首と右足裏の痛みがひどく、これほど歩くのが辛い100キロウォークは初めてでした。体重過多と足の筋力不足が原因のようなので適切なトレーニングを来年に向けて取り組みたいと思います。

参加者が約5000人という規模の為、一緒に歩いている方(話すことはありませんが)も多く、ボランティアスタッフの方も650人、そして沿道の皆さんが応援してくださるので、絶対に完歩しなければという気持ちにさせてくれました。いろんな人に支えられているんだなーと感じることができる大会です。ほんとうにみなさんありがとうございました!

そして、ゴールした時の達成感、これがあるから100キロウォークはどんなにきつくて参加したくなります。来年も参加します!
タグ

先達はあらまほしきことなり

徒然草(52段:仁和寺にある法師)からの言葉。

仁和寺にある法師、年よるまで石清水を拝まざりければ、心うく覚えて、ある時思ひ立ちて、ただひとり、徒歩よりまうでけり。極楽寺・高良などを拝みて、かばかりと心得て帰りにけり。さて、かたへの人にあひて「年ごろ思ひつること、はたし侍りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、参りたる人ごとに山へ登りしは、何事かありけん、ゆかしかりしかど、神へ参るこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。すこしの事にも、先達はあらまほしきことなり。

※意訳※
仁和寺の法師が、長年行きたいと思っていた石清水八幡宮のお参りに行った。しかし、実際にお参りをしたのは極楽寺や宝良で、山上の石清水八幡宮ではなかったのに、”石清水八幡宮は尊い場所でした”とお参りの目的を果たしたことを自慢げに仲間の法師に話してしていた。(実際に石清水八幡宮に行っていない)ちょっとしたことでも、先達(案内人)がいてほしいものです。

「先達はあらまほしきことなり」

創業後、この言葉の重要性をとても認識するようになりました。初めての創業で知識も経験もなく、時間もあまりないので、専門家や創業経験者にいろいろ教えをもらわないとなかなか物事が進みません。もちろん、時間もお金も余裕がある方なら、自分で調べてできるようになることも重要なプロセスかと思います。しかし、そんな恵まれた環境の方はほとんどいないと思います。

今の時代、先達は書物やインターネットも代替として活用できるかもしれませんが、やはり専門家や経験者が一番適切だと感じています。たとえお金がかかったとしても、その方の知識や経験をお金を払ってでも得ることで、

・独学で考えて誤った方向に進んでしまうリスクを抑える
・最適な考え方を身につけ事業を早く軌道に乗せる
・早い段階で失敗要因を取り除き事業の成功確率を高める

リスクを低減させ、時間を短縮することが可能となります。
最初にお金を払うことに対して、抵抗を持つ方は多いですが、長い目で見ると、適切なタイミング(初期段階が多い)で、先達の知恵と経験を活用することで、時間とお金の両面でメリットが出てくるのは間違いないと思います。

私自身も、多くの会社様から通販に関してご相談をいただくことがありますが、

”もう少し早く相談してくれればここまでならなかったのに・・・”

と思うことが時々あります。

自分自身の事業拡大でも、先達に教えをもらいながら取り組んでいただきたいと思っています。
カテゴリ
タグ
検索ボックス
 
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
タグクラウド
過去ログ
Copyright © 飯塚でコールセンター会社を立ち上げた社長のブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます